めほり書店

「Dark Summit」Nick Heil(Virgin Digital)

標高8848mのエベレストにおいて、登山者の死亡が相次いでいることがニュースになっています。2019年5月27日の時点でその数は12人と、大惨事で有名な1996年の16名、2006年の10名にも匹敵する数に達しています。

また、登山そのものではなくベースキャンプを襲った雪崩によって2014年には16人のシェルパが、2015年にも大地震にともなう雪崩で19人が亡くなっています。

報道では山頂付近で大勢の登山者が渋滞になっている異様な写真が独り歩きし、そんなに大勢の人がこの山に殺到しているのかと大勢の人が驚くと同時に、どうしてこうなってしまったのか不思議に思った人もいると思います。

そうしたエベレストの登山にまつわる暗い側面についてバランスよくまとめているのが、Nick Heil による”Dark Summit” 「闇の山頂」(未邦訳)です。

エベレストにおける山岳事故を扱った本には1996年の大惨事をたまたま体験したジョン・クラカワーによる名著 “Into Thin Air” (「空へ ― 悪夢のエヴェレスト」1996年5月10日」)がありますが、さらにその後、エベレストでは登山のさらなる商業化、アマチュア化が進み、いつ悲劇が起こってもおかしくないとされれいました。

“Dark Summit” は、2006年のシーズンにおいて単独登山をしていて遭難した David Sharp 氏の横を40人以上の登山者たちが通過していたにもかかわらず彼を救助できなかったという、大きな議論をまきおこした事件を題材に、エベレスト登山の暗部について解説したドキュメンタリーです。

What had once stood as a symbol of what was best in mankind, determination, tenacity, teamwork, now represented something much darker. Ego, hubris, greed.

(エベレスト登山はかつて)人間の最良の面ともいえる意志力、不屈さ、チームワークのシンボルだったのが、いまやより暗い側面を見せているといっていいのだ。それは自尊心、傲慢、そして欲深さだ。

“Dark Summit” Chapter .

登山好きなひとにとっては、大好きな趣味が糾弾されているように思えるかもしれませんが、著者の描き方は冷静でバランスがとれており、命をかけた登山への警鐘となっています。

David Sharp氏がどうして、「緑色のブーツ」のあだ名で知られる1996年の惨事の犠牲者の遺体が残されたままのくぼみで遭難するに至ったのかの流れと、その横を通過していったHimex(ヒマラヤ・エキスペリエンス)という山岳ガイド会社のチームの行動とを突き合わせて、悲劇の様子を淡々と解説していきます。

エベレストを目指す人が多くなるにつれ、いかに経験の少ない登山者が増えたか、彼らをサポートする山岳ガイドたちのビジネスとその限界はどこにあるのかが解説されるとともに、そうした人間たちの思いを叩き潰す8000m以上の「デスゾーン」の冷酷な現実が描かれています。

本書を読むと悲劇が起きる状況は多種多様で、その人の運次第であることも多いことがわかります。2019年の山頂の大渋滞の写真も見た目は異様ですが、その前後しか天候が晴れなかった一瞬のタイミングに頂上を目指す人々が集まっている姿であって、それがどれほど惨事の原因になったかはこれから調査が進むのでしょう。

View this post on Instagram

Climbed up to camp 3, 7500m but the jet stream had returned closing the summit after only 2 days so I descended to basecamp. Around 100 climbers did summit in those 2 days with sadly 2 deaths, an Indian man found dead in his tent at camp 4 and an Irish climber lost, assumed fallen, on his descent. A go fund me page has been set up for a rescue bid for the Irish climber but it is a well meaning but futile gesture. Condolences to both their friends and families. Both deaths happened above 8000m in the so called death zone where the majority of deaths of foreign climbers happen. Around 700 more people will be looking to summit from Tuesday the 21st onwards. My revised plan, subject to weather that at the moment looks promising, is to return up the mountain leaving basecamp Tuesday the 21st 0230 and, all being well and a lot of luck, arriving on the summit the morning of Saturday the 25th. I will be climbing with my Sherpa, Jangbu who is third on the all time list with an incredible 19 summits. The other 4 members of our team decided to remain on the mountain and are looking to summit on the 21st. My cough had started to return at altitude so I couldn’t wait with them at altitude for the window to open without the risk of physically deteriorating too much. Furthermore as I had missed due to sickness the earlier camp 3 rotation best practice was for me to descend to allow my body to recover from the new altitude high so I could come back stronger. This was not an easy decision as the 13 hours climbing from basecamp to camp 2 in a day was the hardest physical and mental challenge I had ever done, now I have it all to do again. Finally I am hopeful to avoid the crowds on summit day and it seems like a number of teams are pushing to summit on the 21st. With a single route to the summit delays caused by overcrowding could prove fatal so I am hopeful my decision to go for the 25th will mean fewer people. Unless of course everyone else plays the same waiting game. #everest #everest2019 #lhotseface

A post shared by Robin (@1c0n0clast22) on

(2019年の大渋滞の様子を投稿後、下山途中で亡くなられたRobin Haynes Fisher 氏の最後のインスタグラム投稿)

その一方で、エベレストの「観光地」化がより悲劇の可能性を高めている側面も理解できるため、問題を多角的に理解できるのも本書の魅力です。

エベレストが大きく注目されたこの機会に、ぜひ邦訳がでてくれるといいのですが、それまではKindle版、そしてAudibleのオーディオブック版で読むことが可能です。

堀 正岳

堀 E. 正岳。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、Lifehacking.jp を運営しています。

著書に「ライフハック大全」「理系のためのクラウド知的生産術」」(講談社ブルーバックス)、「Evernoteオールインワンガイド」(インプレス・共著)、「iPhone習慣術」(インプレス・共著)、「モレスキン 「伝説のノート」活用術」(ダイヤモンド・共著)、「情報ダイエット仕事術」(大和書房)